FEATURE

大牟田市のカードがリニューアル再登場!


2023年11月より、大牟田市のカード配布が再開されました。
カード配布再開に当たり、潜塚古墳と黒崎観世音塚古墳のカードは写真が新しくなりバージョン2となっています。萩ノ尾古墳は、バージョン1が配布継続となります。
すでにカードをお持ちの方も、この機会に新しくなったカードを集めに再び大牟田市を巡ってみてはいかがでしょうか。

LINK:大牟田市のカード紹介

八女市岩戸山古墳のカードが登場!

,

八女市にて、岩戸山古墳の全景が掲載された「古墳カード」と、石人の「出土品カード」の2種類のカードが登場しました!

「岩戸山古墳」カードは、岩戸山古墳の写真を撮影し、岩戸山古墳に併設された岩戸山歴史交流館「いわいの郷」で写真を提示するか、「いわいの郷」のイベントに参加するともらうことができます。
「石人」のカードは、岩戸山古墳に併設された岩戸山歴史交流館「いわいの郷」の展示を見学し、アンケートに回答した方1名につき1枚もらうことができます。

※もらい方がいくつかありますが、もらえるのは1名1枚までとなっていますのでご注意ください。

LINK:八女市のカード紹介ページ

【カード配布所・お問い合わせ先】
岩戸山歴史交流館「いわいの郷」
〒834-0006 福岡県八女市吉田1562-1
開館時間 9:00〜17:00(最終入館16:30まで)
休館日 月曜日・年末年始
入館料 無料
お問い合わせ 0943-24-3200
LINK:岩戸山歴史交流館「いわいの郷」

西ノ城古墳現地説明会レポート

,

2月25日、26日の2日間に渡り、福岡県うきは市の西ノ城古墳で現地説明会が開催されました。その様子をフォトレポートでお届けします。

元々は「西ノ城」という山城跡の調査としてスタートしたそうで、発掘が進める中で古墳であることが分かってきたそうです。古墳の上に山城が造られていたということですが、この眺めを見ればそうなるのも分かる気がします。


主体部2。木棺が収められていたと見られるとのこと。木材は土に返ってしまっていたそうですが、蓋を押さえていたと思われる石にベンガラの塗料の跡があったとで、木棺の蓋にベンガラが塗られていたか、振り掛けられていたかということが想像できるということです。分析の結果、このベンガラには水銀も含まれていたそうです。現時点では、全体で10箇所主体部が見つかっているそうです。


墳丘から東側の眺め。隣の丘の様な形状の場所も山城跡だそうです。


墳丘から西側の眺め。山の上なので分かりにくいですが、北側の墳丘の高さは10メートルにもなるそうです。


墳丘には名前の由来ともなった西ノ城の石列の跡も。
 
南側の山の上にも山城があったそうです。うきは市は古墳も沢山ありますが、山城も50ほどあったのだとか。古くから栄えた地域だったのですね。
 

東の墳端。古墳の作り方が特徴的で、岩の地層を削ってつくってあり、削って出た石を積み上げて墳丘部をより高く仕上げているそうです。



出土品も展示されていました。まだ、時代を特定できるような出土品が出ていないということで、墳丘部の今後の発掘調査が待たれます。

   
眺望が最高な西ノ城古墳。上からの眺めも爽快ですが、当時は下から見上げた時の存在感もすごかったのではないかと思います。まだまだ、今後の調査が楽しみな古墳です。この場所は私有地であるため、普段は入ることができません。とても貴重な機会でした。

うきは市カードラインナップ一新!


朝田3古墳が国指定史跡となり100周年を迎えるのを記念して、うきは市の九州古墳カードのランナップ2022年12月17日より新しくなりました。新しいカードラインナップは…
◎月岡古墳(石棺)
◎原古墳(石室)
◎楠名古墳(石室)
◎塚花塚古墳(出土品「銀象嵌柄頭」)
◎重定古墳(石室)
◎鳥船塚古墳(奥壁)
です。 
ラインナップ、カード交換所についてはこちらをご覧ください。
LINK:うきは市の九州古墳カード
※これに伴い、これまでのカードの配布は終了しました。

また、うきは市の古墳カードを5種類以上集めて、吉井歴史民俗資料館で提示すると先着100名様に「西ノ城古墳」カードをプレゼントします。
新しいカードの内、重定古墳、西ノ城古墳のカードには、裏面にVRを見ることができるQRコードが付いています。3Dで古墳を楽しんでください!!

◎VR協力

朝田3古墳国指定100周年記念イベント開催!

, , , , ,


うきは市では、朝田3古墳の国指定100周年の記念して、見て!触れて!学べる!イベントを開催します。貴重な特別公開も開催しますので、この機会にぜひ朝田古墳群にお越しください。 


今年令和4年度は朝田古墳群5基のうち重定古墳・楠名古墳・塚花塚古墳が国指定史跡となって100年の節目の年になります。また、令和元年に発見され現在も発掘調査が続いている西ノ城古墳は世間の注目を集めました。
今回の講演会では「うきは市西ノ城古墳と朝田古墳群のはじまり3世紀の筑後川流域と諸勢力の交流」と題して福岡大学で教鞭をとられている桃﨑祐輔氏に専門家としての知見をお話いただきます。

自動運転などで目覚ましい発展が続くセンシング技術分野。そのセンシング技術が古墳の世界も大きく変えようとしています。これまでとは比較にならない精度での計測ができるようになり、記録や保存、さらには観光活用まで、ワンストップで実現できるようになりました。その最先端の3D技術と、その活用によりこれから広がる未来についてちょっと覗いてみるトークイベントです。

【会場】
うきは市民センター(図書館)3F
福岡県うきは市浮羽町朝田582-1

【協力】

【お申し込み】
講演会・トークイベントへの参加には
事前の申し込みが必要です!

【注意事項】
・新型コロナウィルス感染症拡大防止策のため、マスク着用にご協力をお願いします。
・体温が37.5℃を超える発熱や咳等(息苦しさ、倦怠感など)の症状が見られる方はご遠慮いただきます。
・各施設は原則、参加者・保護者・引率者のみ入場となりますので、それ以外の方の来場はご遠慮ください。
・イベントに参加する際は、時前に検温・消毒の実施を行います。
・新型コロナウィルス感染症の拡大状況によってはイベント中止となる場合があります。


朝田古墳群をめぐるウォーキングを開催します。通常は一般公開していない貴重な古墳を見学できます。スタート地点では、物販やワークショップなどのイベントも開催。
<受付>うきは市民ホール前駐車場
<協力>うきは観光みらいづくり公社・久留米鉄道事業部


国指定100周年を記念して、朝田古墳群の3古墳(重定・楠名・塚花塚古墳)の特別公開を開催。これに併せて、学芸員が現地を案内するウォーキングツアーを開催します。
※事前の申し込みが必要です。受付は先着順となっています。
※当日は、浮羽歴史民俗資料館入口(福岡県うきは市浮羽町朝田560-1)にて受付となります。


朝田古墳群国指定100周年を記念して、市内古墳の紹介出土品の展示します。

<吉井歴史民俗資料館|遺物展示>
9:00〜17:00(月曜休館)
九州国立博物館に展示されている塚花塚古墳から出土した「銀像嵌柄頭」(太刀の柄の端の部分)が3年振りにうきは市へ帰ってきます。※2023年1月4日〜

<浮羽歴史民俗資料館|写真展>
9:00〜16:30(月曜休館)
プロ写真家タニグチダイスケ氏による、装飾古墳写真展。普段見ることがのできない装飾古墳石室を体験してください。

【お問い合わせ】
うきは市教育委員会生涯学習課
TEL 0943-75-3343

  
 

 

大牟田市3古墳が登場!!

大牟田市の古墳カードが新登場!!

世界文化遺産で注目される大牟田市ですが、実は古墳も面白い地域なんです。そんな大牟田市で3種の九州古墳カードが新登場しました!古墳だけでなく、古墳のロケーションや見学システムにも独特な面白さがあります。この機会に、世界文化遺産と古墳をセットで巡ってみては如何でしょうか?

LINK:大牟田市の九州古墳カード

五郎山古墳のカードが新登場!

,

筑紫野市古墳カード新登場

7月1日より、福岡県筑紫野市の「五郎山古墳」のカードが配布開始となりました。
カードは「筑紫野市歴史博物館」で鳥の装飾のカードを、「五郎山古墳館」で木場人物が弓を引く装飾カードを配布。
今後、3ヶ月ごとに配布するカードが変わり、全10種類が登場予定!!全てのカードを集めると、五郎山古墳特性ポストカードがもらえるそうです。これは、1枚でも欠けるとすごく悔しくなりそうです。数には限りがあるそうですので、早め早めの計画で着実なカード収集を心がけたいところです。筑紫野市五郎山古墳配布期間

LINK
筑紫野市の九州古墳カード情報

九州初「双方中円墳」か!?西ノ城古墳見つかる。

,

うきは市西ノ城古墳
うきは市の山城「西ノ城」の発掘調査中に新たに発見された古墳は、墳丘が円丘の東西両端に短い突起部を有する双方中円状を呈した「双方中円墳」である可能性があるとのことです。もしもそうであれば、これは九州で初めての発見となります。全長は約50m、高さ約10mと推定され、墳頂部からは、複数の埋葬施設が見つかっているとのこと。古墳時代前期前半頃の築造と推定され、うきは市では最古級となる古墳です。さらなる調査が続いており、今後の発表から目が離せません。古墳カードオフィシャルサイトでも、今後「西ノ城古墳」に注目してゆきます。

九州古墳カードに関するお問い合わせについて

【 古墳カード発行をご検討の団体様へ 】
九州古墳カードは、うきは市で当委員会が企画したカードです。
うきは市のみならず九州全体で古墳巡りを活性化するために、公共団体や古墳管理団体様へカードフォーマットの無償提供を行っています。
九州古墳カードへ参画をご検討の方、参画をお申し込みの方は コチラ からどうぞ。

【 古墳巡りをされているみなさまへ 】
古墳カードは、各地域の発行団体にて制作・管理されています。
カード発行や内容についてのお問い合わせは、カード情報ページに記載されている各発行団体、または窓口までお問い合わせください。

古墳カード実行委員会

〒839-1321 福岡県うきは市吉井町1250-3 クロコデサイン株式会社事務所内

クロコデサイン株式会社 / うきは市教育委員会生涯学習課文化財保護係 / 木ん家 / 青花 ステンドグラス 立丁尾花 / 林さん亭 / うきは市うきはブランド推進課戦略係